大手消費者金融は安心?

大手消費者金融は、知名度が高く、法律がきちんと守られているという意味では安心ができます。金利についても、サラ金と呼ばれていた時代に比べるとかなり下がっています。現在は、50万円以下の借入なら、利息制限法の上限である年18%という金利が適用されています。グレーゾーン金利がとられていた時代には、金利が最大で29.2%だったので、昔と比べるとリスクは低くなっています。

しかし、18%という金利でも、銀行に比べるとかなり高めですので、気をつけて利用をしないと、破綻のリスクはあります。現在は総量規制がかかるので、年収の3分の1を超える融資は受けられなくなり、借りすぎるという心配も少なくなりました。しかし、転職をして年収が下がったら、借金が減るわけでもありませんので、失業や病気などで借金が返せなくなるリスクはあります。また、総量規制はすべての借金に適用されるわけではないので、別に奨学金や自動車ローンなどがある場合には、負担は大きくなります。

結論として、大手消費者金融は昔に比べると金利は下がっており、安心できるというイメージがもたれるようになっていますが、銀行に比べるとリスクは高めであり、借りすぎには注意しておかないと、生活が破綻してしまうリスクがあります。銀行の審査に落ちたことが理由で大手消費者金融で借りる場合には、銀行からはリスクが高いと見なされたということを自覚しておくべきかもしれません。奨学金や自動車ローンなどのように、総量規制の対象外である借金が別にある場合には、自分でしっかりと管理をしておかないと、負担が大きくなってしまう傾向があります。
キャッシング審査を早く通過するには?【キャッシングの審査時間】はこちら